プラセンタ比較ランキング.com

理想のサプリ・スキンケアを見つけよう!

画像

「プラセンタは医療でも効果を発揮」

プラセンタは厚生労働省も認可されており、医薬品として医療の現場で活躍しています。
プラセンタを摂取したい方は医師の相談することで、様々な病気の治療に効果が
見られていますので、一度相談してみるのもいいかもしれませんね。

現在病院で使用されているプラセンタは、医薬品として厚生労働省から認可を受けた、
人の胎盤から抽出したもののみを使用しています。

ただし注意が必要なことがあります。厚生労働省は人の胎盤エキスの注射剤を利用した
人が献血をすることを禁止しています。
これは、ヤコブ病の輸血感染の可能性があるためです。
しかし、献血を検視しているのは注射をした場合のみで、サプリメントやドリンクであれば問題ありません。

そして、医療目的としてプラセンタ治療を受けた場合、肝機能障害、乳汁分泌不全、更年期障害の場合は保険適用となる場合がありますので、一度相談してみてください。
それ以外の美容などの目的でプラセンタ治療を行った場合は保険適用外ですので、
自費での精算となります。

プラセンタは皮膚科系疾患、内科系疾患、外科・整形外科系疾患、婦人科系疾患、
泌尿器科系疾患、歯科口腔科系疾患、眼科系疾患、耳鼻科系疾患、精神神経科疾患、
その他体力回復や、風邪の予防、不眠、めまい、便秘、息切れ、虚弱体質、冷え性、
滋養強壮、精力増進、などとにかく、人体のあらゆる疾患や症状の治療に使われています。

では、なぜこんなに様々な、しかも統一性のない症状にプラセンタが有効に働くのでしょうか。その理由はプラセンタは、薬のように一つものを修復、治療するために作られた
薬ではなく、胎児を何もなかった状態から成長させ、栄養を送り続けることができる
胎盤からの抽出物ですので、いわば、命を作り出すことのできる胎盤だからこそ、
命を持っている人体のいろいろな症状や疾患に作用してくれるのです。

さらにプラセンタの特徴なのが、人体を「正常化」するということですので、
過剰に作用し過ぎないと言う点です。
例えば、血圧を上げる薬である昇圧剤は過剰な投与は血圧を上げすぎてしまいます。
逆に血圧を下げる薬である降圧剤は過剰な投与をすると血圧を下げすぎてしまいます。
しかし、プラセンタは体を正常化することが目的ですので、上げ過ぎず、下げ過ぎず、
肌や体や精神の本来の正常な状態に戻していってくれますので、ヘタにいろいろな
薬を投与するより、プラセンタを使う方が安心な場合もありますね。

医療の現場ではとても有名なプラセンタですが、私たち一般人の耳に入ってきたのは
ごく最近です。あまり知識がないままにプラセンタ注射をするのではなく、
プラセンタ注射を選択されるときは、医師に十分に相談してください。
サプリメントやプラセンタエキスなら、その心配はないのですが、直接体内に入れる
場合は医師と相談することをお勧めします。

Contents

文字の大きさを変える

サプリのイチオシ!

    順位
    TP200next

    順位
    FUWARI

    順位
    WHITE'stプラセンタつぶ

スキンケアのイチオシ!

    順位
    TP200エッセンス&ローション

    順位
    WHITE'stプラセンタエキス原液

    順位
    メディプラスゲル

Copyright© 2010 Placenta comparison ranking site All Rights Reserved.