プラセンタ比較ランキング.com

理想のサプリ・スキンケアを見つけよう!

画像

「医薬品としてのプラセンタ」

プラセンタは、今ではとても人気があり、私たち一般人の手にも届くようになりました。
その効果がとても高いことから、医薬品として認可されているプラセンタも存在します。
医療薬として使われるプラセンタは、人の胎盤を使用したものだけが使用されていますが
全てのプラセンタ治療が認可されているわけではありません。

何度も「医療用プラセンタ」という言葉が出てきていましたが、実は、医療用のプラセンタとは2種類しかありません。
医療用ということですので、厚生労働省の認可を受けているプラセンタになりますが、
これは、「メルスモン」と「ラエンネック」と呼ばれる2つの治療剤で、「メルスモン」というのは、更年期障害や乳汁分泌不全の治療剤として使われ、「ラエンネック」というのは、肝障害の治療剤として使われています。

プラセンタは胎児を守るためにとても強い抗酸化作用があり、これが肝臓組織の酸化と、肝障害の発生を抑制するということで、厚生労働省に認可されました。
厚生労働省に認可されていますので、肝臓病には健康保険が適用されます。
そして、更年期障害や乳汁分泌不全のほうも、プラセンタ治療を行うことを厚生労働省が
認可していますので、健康保険適用内となります。

そのほかにも、様々な病気に効果や効能があると言われていますので、認可は
されていませんが、いろいろな医療機関で使われています。
プラセンタは、重篤な病気や難病と呼ばれる病気にも効果や症状の改善があったという
報告もあります。重い病気を抱えている方にとっては、プラセンタは希望の光です。
しかし、厚生労働省の認可が下りないと、健康保険の適用がありません。
まだまだプラセンタ治療は高額ですので、1日も早くプラセンタ治療が認可されてることを願っています。
難病の方ほど病院の費用はかかります。少しでも負担を減らし、なおかつ治癒に向かう
のであればこんなにうれしいことはないはずです。
難病や重い病の方は、毎日が戦いのようなもので、辛い症状も多々あると思います。
しかし、国が認可し、プラセンタ治療が保険適用内になれば、症状が改善される方も
増えると思いますので、何とかしていただきたいものです。

どんな病気でもプラセンタ治療が行えるようになれば、もっと病気に苦しむ人が減る
のではないでしょうか。
認可には時間かかるかもしれませんが、一般の私たちが手に入れられるサプリメントや
ドリンクタイプのプラセンタもありますので、即効性はありませんが、体内を正常化
してくれるものですので、飲み続けることで効果が現れます。

厚生労働省を待っていてはいつになるかわかりませんので、サプリメントやドリンク
タイプのプラセンタを使用して改善していきましょう。

Contents

文字の大きさを変える

サプリのイチオシ!

    順位
    TP200next

    順位
    FUWARI

    順位
    WHITE'stプラセンタつぶ

スキンケアのイチオシ!

    順位
    TP200エッセンス&ローション

    順位
    WHITE'stプラセンタエキス原液

    順位
    メディプラスゲル

Copyright© 2010 Placenta comparison ranking site All Rights Reserved.