プラセンタ比較ランキング.com

理想のサプリ・スキンケアを見つけよう!

画像

「プラセンタの純度」

プラセンタ人気が上がってきていますが、人気が出てくると、当然その人気と比例する
ように、悪質な販売会社も増えてきます。

「プラセンタを飲みすぎても大丈夫?」のページでも少しお話をしましたが、
プラセンタの中には、プラセンタエキスの成分を薄めて商品を販売しているメーカーも
多く存在します。こんなことをしてしまっては、せっかくの高品質のプラセンタが台無しです。もちろん薄めてしまうと、プラセンタ特有の効果も発揮されるはずがありません。。

しかし、一般の人では成分表を見ただけでは薄めているのか、薄めていないのか
見分けるのは難しいと思いますので、見分けるための基準を一つ紹介しておきます。
エキスの成分を薄めるときに使われるのは、「水」や「デキストリン」や「グリシン」という成分で薄めている場合が多いので、プラセンタの商品を購入する際には、必ず成分表が書いてありますので、成分を良く見て購入するようにしてください。

また、プラセンタエキスとは、プラセンタを溶かして作った溶液も含みます。
溶かして作っているにも関わらず、「プラセンタエキス100%」と表記しても、実は全く問題はないのです。
つまり、100%とは言っても、混ぜもの、いわゆるブレンドである可能性もあるということを覚えておいてください。

なぜプラセンタを溶かしているのに、「100%」と表記しても問題ないかというと、
プラセンタのとても高い効果から、プラセンタエキスが約30%でも効果があると
言われているからなのです。
そして、ほとんどのメーカーが、この仕組みを使ってプラセンタエキスの表記を
しているということなのです。

もうお分かりかと思いますが、プラセンタ商品を購入する際は、濃度だけを見て購入するのではなく表記をしっかり見て、本物の、そして高品質のプラセンタを購入するように
してください。
濃度だけを見て購入すると、効果があまり得られず、首をひねることもありますので
注意しましょう。

そして、少し聞きなれない言葉だと思いますので書いておきますが、「原液」という
言葉にも注意してください。
商品の記載に、「原末プラセンタ」と「原液プラセンタ」という言葉があれば、
この2つは、全く質が違います。
原液プラセンタというのは、先ほどお話した濃度100%のプラセンタエキスの
ことです。濃度のことも先ほどお話したので、お分かりですね。

そして、「原末プラセンタ」というのは、胎盤の固体部分(胎盤全体の約15%)を
遠心分離して、さらにろ過で濃縮し、ほかの成分を薄めたりしていない濃度100%
のものを指します。

原液と原末、全く違うものですので、注意して表示を見てみてくださいね。

Contents

文字の大きさを変える

サプリのイチオシ!

    順位
    TP200next

    順位
    FUWARI

    順位
    WHITE'stプラセンタつぶ

スキンケアのイチオシ!

    順位
    TP200エッセンス&ローション

    順位
    WHITE'stプラセンタエキス原液

    順位
    メディプラスゲル

Copyright© 2010 Placenta comparison ranking site All Rights Reserved.