プラセンタ比較ランキング.com

理想のサプリ・スキンケアを見つけよう!

画像

「プラセンタとは」

プラセンタという言葉はなかなか聞きなれない言葉ですが、英語プラセンタと言い、
日本語に訳すと「胎盤」という意味です。

胎盤とは、私たち人間や哺乳類が妊娠すると、子宮内に「胎盤」を作ります。
その胎盤の中で胎児が成長していくわけですが、人間の場合、赤ちゃんは約10ヶ月
という日にちをかけて成長していきます。

その10ヶ月の中で、胎児は細胞分裂を繰り返し、母体から栄養を吸収して成長して
いるわけです。
ですので、胎児が成長していくには「胎盤」はなくてはならないとても重要な役割を
果たしています。胎盤がないと、胎児は成長することができません。
なぜなら、胎盤と胎児はへその緒(臍帯)でつながっており、へその緒が、胎児に必要な栄養素と酸素、そして体の動きを活発にする成分が運ばれているのです。

そして、胎盤がなくては胎児が生きていられないと言われるのが、胎盤は発達の未熟な
胎児の各種臓器の代行をしているからです。
へその緒を通じて栄養をや酵素を運ぶことはよく知られているかと思いますが、
胎盤は胎児が成長していく上でまだできていない臓器や未発達の臓器の役割を
してくれています。
胎児が成長する為に必要な呼吸(酸素)やたんぱく質の合成、有害物の解毒、ホルモンの分泌、排泄など、私たちが普段何も思わずに生理現象としてできていることが胎児には
まだできませんので、その重要な働きを全て胎盤が行ないます。

このように、胎盤は、まだまだ未熟な胎児のために成長因子を送り続け、そして胎児を
守り、各種臓器の代行をするという、とても重要な役割を果たしているのです。
このことから胎盤は「万能の臓器」とも言われています。

さらに胎盤には優れた機能があり、それは調節機能とも呼べるべきものなのですが、
例えば私たち大人は血液がドロドロ状態になり、血が固まってしまうと血栓となり、
大病の原因となります。しかし、胎盤内やへその緒で血液が固まってしまうと
酸素や栄養素を送れなくなり、胎児は生きていくことができません。
ですので、胎盤には血液が固まるのを防ぐ働きがあり、逆に出血を防ぐ働きもあります。
出血を防ぐのは、出産のときに母体を大量出血から守るためでもあります。

と、胎盤のことを説明してきましたが、これほど万能な機能が人間の体にあるなんて
すごいことですよね。
しかし、胎盤は出産すると必要なくなってしまいます。
こんなにすごい機能があるのに、なんとか医療に役立てることはできないかと考え
出されたのがプラセンタ治療なのです。

海外ではプラセンタ治療は有効な治療法として昔から確立されていましたが、日本では
この貴重な胎盤を捨てていたのです。
もちろん出産が終われば必要ないので、そうなるのかもしれませんが、胎盤のすごさを
考えると何とももったいないことですね。

しかし、今では日本でもプラセンタ治療が認可されていますので、源泉された健康な
胎盤を国が定める以上の基準で殺菌・滅菌処理して使用されるようになり、
このプラセンタ治療で、元気になった方もたくさんいるのではないでしょうか。

プラセンタ万能と言われている通り、健康面ではどの臓器の回復にも役立ちますし、
健康のほか美容面でも美肌効果や若返り効果としてアンチエイジングにも効果は
絶大なのです。
精神的な面でもやる気が上がるなどの効果が報告されており、人間が生きていく上で
必要な活力や健康を活発にするために抜群の効果を発揮してくれているのです。


Contents

文字の大きさを変える

サプリのイチオシ!

    順位
    TP200next

    順位
    FUWARI

    順位
    WHITE'stプラセンタつぶ

スキンケアのイチオシ!

    順位
    TP200エッセンス&ローション

    順位
    WHITE'stプラセンタエキス原液

    順位
    メディプラスゲル

Copyright© 2010 Placenta comparison ranking site All Rights Reserved.