プラセンタ比較ランキング.com

理想のサプリ・スキンケアを見つけよう!

画像

「万能薬と言われるプラセンタ」

プラセンタは、その効果・効能の多さ、高さから病院などの医療の現場でも使われる
ようになりました。
健康食品の中で、医療の現場で使われるなんて、とてもすごいことですね。
私は、プラセンタをいろいろ調べていくうちに、その効果・効能の多さから、どんな
症状にでも効く「万能薬」ではないかと思ってしまうくらい、数多くの症状に効果が
あることがわかってきました。

プラセンタは紀元前より使用されてきましたが、日本に使われ始めたのは、ほんの40年
ほど前です。しかし、その約40年の間に次々と効果や効能が発見され、今でもその研究は続いています。

実際にプラセンタ治療をしている患者さんからお話を聞いたり、実際にお会いして
いくことで、新たな効果が出ているのかを探していくという感じですね。
そこで、「これは!」と思えるようなことがあれば、そこを研究して、また新しい
効果が発見できたということになります。

例えばですが、早くから治療薬として確立している、更年期障害や乳汁分泌不全の
治療中の患者さんがプラセンタによる治療を続けていくうちに、肌の変化に気が
ついたり、精神的に落ち着いてきたりと、患者さんの様子を見たり、お話することで
気づいていくといった感じですね。

プラセンタは心と体の正常化を図りますから、今まで何をしても治らなかった、何をしてもいい結果が出なかったという患者さんの病気が治るだけでなく、自分が治したいと
思っていた所以外でも、悪いところがあれば、そこまで治してくれるのですから、
プラセンタに注目が集まるのも無理はありません。

難病指定されているような、とても完治が難しい病気にも、効果が認められている
プラセンタは、長年難病で苦しんできた患者さんにとっては、秘薬とも呼べる治療薬なのではないでしょうか。

例えばアトピー性皮膚炎ですが、この病気も難病の一つに指定されています。
アトピー性皮膚炎を根本から治療するというのは、とても難しいことかもしれませんが、
アトピー性皮膚炎で特に辛いのが「かゆみ」です。
かゆいからとかいてしまうと、さらに悪化させてしまうという事態になってしまいます。
しかも、アトピーのかゆさというのは、とてもひどく、かかずにいられるような
レベルではないと聞きます。

ということは、かゆくなければ問題ないのです。
かゆくなければ、かくこともありませんので、症状が悪化することもありません。
そこで、かゆみを抑える薬として処方されるのがステロイドなのですが、ステロイドは
とても強い薬で、副作用もありますし、何度も使っていると肌が黒ずんで、象の肌のようにガサガサカチカチになってしまいます。
しかし、プラセンタならそんなことはありません。

難病と言われる人の薬ほど強い薬が多いので、副作用のないプラセンタの存在はとても
心強いものなのではないでしょうか。

Contents

文字の大きさを変える

サプリのイチオシ!

    順位
    TP200next

    順位
    FUWARI

    順位
    WHITE'stプラセンタつぶ

スキンケアのイチオシ!

    順位
    TP200エッセンス&ローション

    順位
    WHITE'stプラセンタエキス原液

    順位
    メディプラスゲル

Copyright© 2010 Placenta comparison ranking site All Rights Reserved.