プラセンタ比較ランキング.com

理想のサプリ・スキンケアを見つけよう!

画像

「プラセンタの原料」

プラセンタとは、哺乳類の胎盤から抽出したエキスですので、原料と言えば胎盤としか
言えなくもないのですが、胎盤をもう少し詳しくお話していきたいと思います。
そうすることで、プラセンタがどれだけすごい力を秘めているのかわかるかと思います。

胎盤には、命を誕生させるための私たち人間が作り出すことができないような仕組みがあり、それこそ神の手を借りているかのような効果を発揮します。

哺乳類の受精というのは、1個の卵と、1個の精子が出会ったところで、受精卵と
なります。その後、子宮の壁に着床して、そこからものすごいスピードで細胞分裂を
繰り返し、胎盤に助けてもらいながら命が作られていくのです。

では、その神の産物とも呼べる胎盤がどうやって作られるかご存知ですか?
実は、胎盤は受精卵から作られているのですよ。
胎児がどのように成長しているかは知っていても、意外と胎盤がどのように作られるの
かは知らない方が多いと思いますので、知っておくと面白いと思いますよ。

まず、受精卵が子宮の壁に着床しますね。もう、この段階でとてもおもしろいことが
起こります。
まず受精卵は大きく2つの部位に分かれます。
1つは、赤ちゃん本体で、もう一つが胎盤なのです。
よくCMや情報誌などで、最初に卵が2つに分裂するような写真や絵が載っていますが、あれは、ただ単に細胞分裂したのではなくて、赤ちゃん本体と胎盤ができた瞬間なのです。

そして、赤ちゃん本体と胎盤の間がへその緒と呼ばれる「臍帯」で結ばれるのです。

では、胎盤の役目はいったい何なのでしょうか。
「プラセンタとは」のページである程度説明をしているので、すでにお分かりかと
思いますが、胎盤は母体から栄養をもらい、赤ちゃんが成長するのに不可欠な成長因子を作り出します。それを赤ちゃんに送るということが一つの仕事です。
赤ちゃんは子宮の中で私たちが想像もつかないような爆発的なスピードで細胞分裂を繰り返します。その細胞分裂を繰り返すのに、胎盤がとても重要な役割をもっています。

そして2つ目の役割が母体から栄養や酸素などをもらい、それを赤ちゃんに送ることです。
この話はよく聞きますから、皆さんご存知ですね。
ちなみに、プラセンタの大きさですがプラセンタは妊娠2ヶ月から現れ始めます。
妊娠4ヶ月末まで大きくなり、その後は妊娠38週くらいまではプラセンタ内部の組織
が作られていきます。
最終的にプラセンタの大きさは、直径約18cmほどの円盤のような形になり、厚さは
2~3cm、重量は約500g程度になります。
ただ、これは個人差がありますので、赤ちゃんの大きさや栄養状況などでも変わってきますので、あくまでも目安となる大きさになります。

プラセンタは、とても貴重なものです。なぜなら大量生産ができないからです。
この貴重なプラセンタの効果にぜひあやかりたいものですね。

Contents

文字の大きさを変える

サプリのイチオシ!

    順位
    TP200next

    順位
    FUWARI

    順位
    WHITE'stプラセンタつぶ

スキンケアのイチオシ!

    順位
    TP200エッセンス&ローション

    順位
    WHITE'stプラセンタエキス原液

    順位
    メディプラスゲル

Copyright© 2010 Placenta comparison ranking site All Rights Reserved.