プラセンタ比較ランキング.com

理想のサプリ・スキンケアを見つけよう!

画像

「プラセンタの種類」

プラセンタは人の胎盤からだけ抽出されるものではありません。
プラセンタはいろいろな哺乳動物の胎盤から抽出されます。
そのほかにも、植物からも抽出できるものもありますね。
プラセンタにはいろいろな種類があります。その種類によってどう違うのか、少し
お話したいと思います。

もう、いろいろなサイトを見て勉強されている方はご存知だと思いますが、人の胎盤から
抽出されたプラセンタエキスは医療の現場で使われています。
この、ヒト由来のプラセンタは医療用としてのみ使用されます。
もちろん、プラセンタエキスを抽出するために、最善の安全策をとっています。
使われるプラセンタはウイルスや感染症などに冒されていない、健康な胎盤を使います。
その上、国が指定している以上の熱処理を加えて滅菌、殺菌しょりをして、バクテリアや
細菌が残っていないか2重3重の検査をして、その検査に通ったものしか使われて
いません。

次に豚のプラセンタですが、この豚のプラセンタが健康食品や化粧品などに多く使われて
います。
豚の組織は人間の組織と似ていますので、人間の心臓弁のかわりに豚の弁を使うことが
できるほどなのです。
その豚のプラセンタを使って、健康食品や化粧品が作られています。

以前は牛のプラセンタもあったようですが狂牛病の発生により現在では使用できません。
しかし、海外ではまだ使っているところがあるようですので、ご購入の際は記載をしっかり見て、牛由来のプラセンタは購入しないようにしてくださいね。

あとは、日本では使用されていませんが、ヨーロッパやニュージーランドなどでは羊のプラセンタがあるそうです。
自然に近い環境で育った羊のほうが安心できるそうですね。

哺乳類でのプラセンタとしては最後になりますが、馬のプラセンタがあります。
この馬のプラセンタですが、最近とても注目されているのです。
それは、馬のプラセンタは総アミノ酸の含有量が豊富で、豚には含まれていない6種類のアミノ酸が含まれているのです。
総アミノ酸の含有量が豚のプラセンタの約250倍とも言われています。
健康食品や化粧品などは、豚のプラセンタが主流なのですが、最近では馬のプラセンタが
注目を集めているようですね。

文頭で少しお話しましたが、植物性のプラセンタというものもあります。
しかし、植物にはもちろん胎盤などありません。
しかし、胎盤と同じような役割をする胎座というところのエキスを抽出して、植物性
プラセンタとして販売されてるのです。
胎座には、胎盤のように人体に有効な成分が豊富に含まれています。
しかし、やはり哺乳類からとるプラセンタとは質が違いますし、栄養分も哺乳類から
抽出されたプラセンタエキスのほうが豊富です。
ですので、植物性プラセンタは化粧品などに製品化されることが多いようですね。

プラセンタは胎児という命が育つくらいの奇跡をたくさん持っています。
この奇跡の成分をしっかり体に取り戻していきたいものですね。

Contents

文字の大きさを変える

サプリのイチオシ!

    順位
    TP200next

    順位
    FUWARI

    順位
    WHITE'stプラセンタつぶ

スキンケアのイチオシ!

    順位
    TP200エッセンス&ローション

    順位
    WHITE'stプラセンタエキス原液

    順位
    メディプラスゲル

Copyright© 2010 Placenta comparison ranking site All Rights Reserved.